スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
見えない消費
2006-10-26 Thu 07:49
大学1年の頃から家計簿をつけているのだが、最近異変が起きている。
家計簿の中身以上に実際の財布が寂しい。忙殺されてあまり気にしていなかったが、最近ようやくその異変に気がつき始めた。

元から家計簿といってもそんなに本格的なものではないので、どの程度正確かわからない。元から大雑把適当な性格なので、きっちりやると続かない。私の家計簿スタイルはレシートで残っているものは記録に残す、大きな額のものは必ず記録に残す、という具合で1000円以下の買い物はあまり正確に記載されていないのである。それでも一週間分の家計簿に目を通せばだいたいのお金の流通が浮き上がってくるものである。

最近前置きが長ったらしくて、指先が疎ましいのだが続けると、その家計簿に最近異変が起きているのだ。なぜこんなに財布の中身がすぐに寂しくなるのか?


理由は明らか。電車や地下鉄に乗る回数が格段に増えたからだ。ワグネルの練習に加えて最近は図書館利用やゼミの用事で電車に乗る。検定試験やイベントにも電車を利用する。定期を持っていない私にはリアルに財布を直撃する乗り物たちである。

なぜ今まで気がつかなかったのか。それは便利さに負けてパスネットをたくさん購入してしまったからだと思う。勝手に、見えないところでお金がたくさん動いているのは、スイカやパスネットがあるからだ。電子的にお金が動いているから自分の消費行動に見えなくなっている。スイカの場合、足りなくなったら券売機で5000円単位でチャージしている。どうりで気がつかない。どんぶり勘定もいいところで、便利さが考える力を奪っている。

たとえば、スイカやパスネットがなければ、毎回ちゃんと運賃表を見上げる行為がある。そのための予備のお金を用意してくる。そのために少し家を早くでる余裕がある。。特に東京では、同じ場所へ行くのにも何通りもの方法がある。値段も随分違う。その思考能力は今や駅○に全権委譲である。またしても私たちの考える力は奪われましたぞ!?

先日日吉に行くのに意外なルートを教えられ、試しに行ってみたらかなり早くつくことができた。余談だが多摩川線から見える景色は素晴らしかった。

思えば、小学生の頃、鉛筆は必ず自分で切り出していた。まさにこの表現。小刀かカッターナイフで肌色の部分を剥きとる作業を毎日自分でやっていた。電動シャープやら携帯鉛筆削り全盛の中真っ向から対立する作業だったが私が3ヶ月だけ通った塾の代表が「自分が毎日使う道具を丁寧に扱うためにも、脳を活性化させるためにも鉛筆は自分で削りなさい」といったからだ。私の塾の先生は剣道会の会長で動作に厳しい人だった。確かに神経を鉛筆の先に集中させる作業は手先を器用にする第一歩ではないか。

教育改革と最近騒がれまくっているが、小学生の勉強に関しては漢字と掛け算と水泳さえ習えば後は自分でできると思う楽観主義としては、いまいち賛同できない。それよりも小刀の使い方とか、A駅からB駅に行く方法と時間と値段の算出練習とかの生活に関連のあるところから教育に精を出したほうが、生活は将来的に”便利に"なると思うのだが。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
鼻がヌレヌレ
2006-10-24 Tue 09:52
知人にこのタイトルは大丈夫かメールしてみたら、「大阪娘。だもの」とOKがでた。最近風邪をひいてしまうことが怖い。


先日、所属するオーケストラの演奏会本番があって、本当に久しぶりに自分が舞台にたつことになった。大学2年の冬が最も新しい演奏会だったように記憶している。一年以上の時をこえてアップデート。

この夏、隣人が気になることもあって、あまりバイオリンがかわいくなれず、オーディションは散々だった。さらに夏合宿での余興で無駄に目立ってしまい「イタい4女」に入った模様。同期に「かわいそうだね・・」と言われたが別に格段気にしていない。確かにひどいものだったけどアホも本気でやればかなり楽しいものである。私はバイオリン同期をとても大事に思っている。みんな置かれている環境が全く違うが音楽を共有している。親しみと尊敬が存在する。

実はヴァイオリンに関して何もしていないように思われているが、いろいろ改良して、いいコンディションで本番に臨んでいたりする。実は。
肩当の高さを変えることで随分左手が楽になったし、弓を持つ際にかなり中央よりに持つことで速く弓を動かすこともできるようなった。第九は関西にいた頃何度か聴いたことがあったし、飯森先生は私の伴奏者のソロリサイタルで指揮をしたのを見に行くことがあった。

コアな話になるが、ゴールデンスパイラルをノーマルに変えたことも大きい。2年の頃から曲にあわせてアドバンスを使用してかなりソロっぽい状態になっていたが、音が矢のごとく飛ぶのは今のオーケストラにはむかない。そう思って変えた。
どうでもいい話だがこのゴールデンスパイラルという名前は実に音質をよく現している。(素人の友人に○力剤の一種?と聞かれたが)。力強いが繊細だ。将来が有望な音がする。







最近、土足で人のプライバシーに入り込んでくる人が多くて、時代の変化をキャッチィにするものだと関心するものの、こういうゴタゴタが私のペースを激しく乱しているのは事実である。触れられたくなくて、小さな椅子のへりにそっと腰掛けて面積を少なくしていたら、「こっちのほうが快適ですよ」と大きなソファを持って近寄ってくる強烈おせっかい野郎。お願いだからほっといて!○○○○!

あんたがいたら私の螺旋は上手く回んないんだって。え?人付き合いが苦手?そうかそれは残念だ。私は結構上手くやれている。さらに2ミリ腰掛の前に座るから大きいソファはいらないよ。あれだよ、人付き合いだって紡ぐもの。価値観のからみは大歓迎だが螺旋に対して直角に入ってくるのはルール違反だ。
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
結局顔ではないか
2006-10-07 Sat 13:56
最近メガネが気になる。
どんなに小さいものでも顔の3分の1を覆うだけに着けると着けないでは大きく印象が変わる。最近周りの友人でもメガネの中でも「セルフレーム」というものを着け始める人が増えている。とりあえずセルフレームメガネの人には注目してしまうといっても過言でないほどインパクト大のメガネで何をねらっているのかしらん?


「セルフレーム」とはその形状から英語のCellに由来するとばかり思っていたが、どうやら合成樹脂セルロイドで作られることから来ているらしい。(ちなみにセルロイドは発火しやすいため現在のセルフレームはアセテート製)
で、最近もっぱらメガネブーム。たぶんオリエンタルラジオの藤森とかおぎやはぎなどの芸人の影響が強いと考えられる。テレビでこれだけ多くのメガネかけ(男)芸人を見るとは。
さらに続いて、「セルフレーム」という言葉で検索をかけると「セルフレームの男は皆おなじ顔に見える」という2ちゃんねるのスレがあった。私のほかにもこのようなことを考える人が少なからずいるらしい。
(余談だが日本メガネ党http://www.meganestore.co.jp/meganetou/なんてものまである。月間入党者数を見るとどれだけの人がメガネに関心を持っているかわかる)。

本題に入るが、このセルフレームが最近顔に対する印象をアップさせるためにちょっと過剰労働しすぎじゃないですかと言いたくなったもんで。セルフレームは結局、女の人が目の印象を強くするために引くアイライン=目を囲うと同じ役割を果たすわけだ。結果総合的に化粧を施して「きれいにされた」女性の顔に対して、目だけが異常に強調された男性の顔が引き立つ。

で、結局何がいいたいかというとそこまでして目だけ強調する必要もなかろうということである。間違っても「メガネと顔」の地位までメガネを引き上げてはいけないような気がする。目力は上げても可、だが顔力を過信するなかれ。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
買い替えの季節
2006-10-06 Fri 10:52
ちょっと気の早い話かもしれないが、手帳を買い換えたいなと思っている。日本では通常1月から新しいものを使い始める人が多いから、デパートや文具屋の手帳売り場がにぎわってくるのは11月頃であるが。

今使っているのはQUO VADISのExecutive2006でアメリカで買った。形は正方形で色は鮮やかなオレンジ。開くと一週間の予定が一望できるウィークリータイプ。一時間毎に予定が書き込めて、サイドに前月と今月、来月の小さなマンスリーカレンダーと電話連絡先やSEE-DO,TO PAYなどの一覧がついている。日本にいる頃から少し気になってはいたが値段が少し高かったので使ったことはなかった。
それがアメリカではかなり安くて13ドル。日本では2625円。これは、かなり買う方向へひっぱる要素だった。

ただ、手帳はどんな手帳であれ、使いやすさが財布の事情を見放して前にでてくるもので。今年は素晴らしかった、来年も素晴らしい手帳に出会えるといいなと毎年思う。

QUO VADISの手帳で結構不満足だったのが、日曜日の位置と日程表である。手帳というのはその国の生活事情を実によく反映していると思わせる構成だ。上記の手帳では、日曜の欄が下においやられている。メインは月曜から土曜まで。これはアメリカ人のクリスチャン人口が多い=日曜は教会に行く人が多いという現実を反映しているだろう。また、これは全曜日にいえる事だが、スケジュールが書き込める時間帯が日本と異なる。衝撃だったのが、夜の予定が21時までしか書き込めないということである。それ以降はもう家に帰って家族との団欒するべきなのだろうかin America?

日曜の重要性はともかく、21時までしか書き込めない手帳はいささか不便である。いまや日本は塾に通う子供が22時に帰る時代だ。いわんや大人も。手帳は機能性。幸いなのは、手帳がまだ人間様のふもとに控えていること。手帳は決して主張しない。手帳が予定を決める存在ではないからだ。あくまで手帳は埋められるものである。予定を見て、自分で確認して行動するのである、私たちは。

その点パソコンはずるい。携帯も最近ずるい。なんでもリードしてしまう。だからパソコンを立ち上げても(私の場合大概スタンバイだが)msnやGmailが一緒に起動しないようにするのは最低限の防御である。パソコンを通していろんなスケジュールが押し付けられる。次回検定試験のお知らせだって?そんなものはニャンニャンだ!(c金原ひとみ)。

最近港区図書館からメールがきたりする。○○が延滞です。ああそれはわかっているのだよ、どうすることもできないのだよこの時期は。だいたい今でも、本の最後に貸し出し期限が書いてあればちゃんと”自分で”確認することぐらいできるわけで、私は。



QUO VADIS JAPANサイト
http://quovadis.co.jp/home.php
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
FC2ここがいい(mixiもいい?)
2006-10-05 Thu 11:07
今まで魔法のiランド、ドリコム、ライブドアなど様々なブログを利用してきたわけだが、今回のFC2もなかなか気に入っている。
何より、混雑が起こりやすい夜の11時から12時にかけて割りとすんなり記事をアップできる。画像のアップロードも簡単なのがいい。

最も魅力的だったのは、スキン。
一般の人がつくったスキンも利用することができるため、実に種類が多い。今回のスキンも手が込んでいて素晴らしい。月をクリックしてみると自由に動かすことができる。

最近mixiに日記をつける人が増えているが「今日は○○に行ってきました~!」みたいな日記を追いかけるほど人に興味がないらしく、だんだんうとましくなってきた。


実は私は小学生の頃、群を抜いて作文の才能がなく、起承転結もなければ現実の話なのかわからないようなことも多く、お受験お母様を困らせていた。ただ、ひとつのこと・ものを説明しろと言われれば他人より突出して書けたらしい。

そのあとZ会や河合塾、学校で鍛えられ今では書くことが大好きになったことをうれしく思う。英語も同じだが好きなことをトピックにもってこれば作業はそこまで苦痛ではない。しかしながら、最近お笑い芸人の全盛期を迎えて、彼らだけでなく、一般の人間も本当に話すことが上手くなったのではないか。そんなときに書くことを追求するのはいささか時代逆行な気もする。
別窓 | 未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
一人向け音楽
2006-10-03 Tue 00:18
最近、勉強をするようになったので必然的に机に向かう時間が長くなった。私の勉強には必ず大きめ音量の音楽がついている。とにかく何か流れていないと集中できない。

雨が降り続いて秋の終わりを連想させるような朝に、これはどうかとBOYZⅡMENを引っ張り出してきてかけてみた。一人部屋にしっくりくる音楽で、女性の心を一つずつ引き込んでいく。その瞬間私は現実世界から隔離されて耳という器官以外は全て閉じられていく。

閉じられていく・・といえばもはや世の中の顔となったipodやらmp3やらの脅威。電車の中や公園で、右手の指でクルクルと爽快にボタンの上を指が踊る。しっかりと密封性のあるイヤホンのおかげですっかり別世界に旅立ったリスナーの耳に関する健康などに興味はなく、むしろその閉鎖性が至近の病だと無気力に憂慮する。どうしてそんなに社会から距離を置こうとするのか。他人との絶妙な距離のとり方を眉毛の角度と鼻息と足の組み換え+ipodで闘ったら日本人もまんざら悪い位置ではないだろう。

そうしてみんな結局同じ流れに乗って公共社会での透明化を目指すわけだけど、個人ユーザーが書くブログも少し似てるよね。なんか言いたいんだけど、指先から表出される言葉以外は極力外部とのかかわりを絶とうとしてる。言葉の力を過信しすぎる。あぁ疎ましい。
先日も友達の彼氏との恋愛生活をはっちゃかめっちゃかにつづるブログを発見してしまい、普段の仕事ぶりとのギャップに驚愕したんさ。もうここらで社会における透明性とか匿名性とか、脱皮してもいいと思うブログ歴6年目の私。本名で勝負する小説家を無条件に尊敬する。書き始めました。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| capriciousviolin |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。