スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
中途半端な購買意欲
2007-01-31 Wed 21:53
車フィギュア



変なプレゼントが買いたい!という私の一言で中野ブロードウェイに行くことになりました。

友達もそこまで詳しくないので無難に全階を観光し、お目当てを物色すること30分、重要なことに気がつきました。

そう、この中野ブロードウェイで販売されるフィギュアや昔のおもちゃ、雑誌などはほとんど中古品ばかりなのです。(そのくせ)大きな商品はほとんど一万円以上で、プレゼントにするには高すぎました。私は昔の雑誌をプレゼントしたかったけどかなり状態が悪く”他の人にあげるのに”という思考が躊躇の原因になりました。

そもそも日常生活で古着を取り入れたり、中古本を買う習慣のない人間にとっては、いくらそれが価値ある品でもお金を払うことは勇気がいることです。これだけだして中古なら、半分のお金で新品を買ったほうが気分がいいのではないかと何度も思いました。

例えば中古の品に1万円だすなら、5000円で新品のおもしろ商品を買う変な根拠のない自信が中野ブロードウェイでむくむくとついてくるのです。大変失礼な話ですが。

結局何も買わず、消費できるものということでワインを買ったというなんのおもしろみもないオチです。プレゼント市場も飽和気味なのが否定できません。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
スタートライン模索中
2007-01-25 Thu 17:13
Haveaniceday


なんだかんだでもうすぐ2月やん。
怒涛の試験期間も明日で終わり。
火曜日:3つ
水曜日:3つ
木曜日:1つ(休戦)←今ここ
金曜日:2つ

なんだなんだこれは。
試験が終われば就職活動して終わって・・この後考えてる?
この後で自分を揺るがす何かができればいいと思っている。だからもう行動を起こしている。

仮面ライダーカブト風に言うならば
「40歳でやりたいことは30歳のときに考える。50歳でやりたいことは40歳のときに考える。」
友達のオカンが言っていた。

目から鱗の格言。洗濯機から女の子ぐらい。
加齢とともになかなか行動するまでに時間がかかるってことと、実際その年齢になってから考えるのでは遅いってことね(大阪娘。的解釈)。

尺度換算で現在22歳のワタシ、30歳のビジョンを考えるのはマイナスではないやろ。

こんな強気に言ってるけど、実際できなかったとしても焦る必要もないかなっていう楽観的観測。考えてたけど何もしなかったっていうのも選択(もしくは決断)の一つだから。

ただ、本当に新しいことを始めようと思うならすごくエネルギーがいるから熱があるうちにステップを進めておくほうが後で楽だったりする。経験的にそう感じる。留学とか、引越しとか。理由なく直感的に「今だ!」と思えば動けばいい。

ただしその後の動機付けはスマートに。論理の破綻、見えない目標があると失速してしまう。

慎重になりたければひとまず直感は心に封じ込み情報採取に走る。直感派でも慎重派でも結果が全て。虚しさはどこにでも潜んでいる。どれだけ自分のエンジンの回転を知っているかということが肝である。


ここまで10分。失速なし。よい週末を。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ストライクゾーン広し
2007-01-21 Sun 14:32
Switch表紙


一見自分と全く接点のないと思われる人でも、その人と自分の趣味が同じだということがわかった瞬間に、急に親しみとか好奇心がわいてきてしまう。その人の趣味を超えてその人本人への興味に変わるのが実に速い。

最近まさにその連続。ブログやメールを見てはカラカラ笑っている。就職活動で知り合った人たちも素敵だ。実に楽しい。基本的に新しいこと、知らないことはなんでも楽しい。希望していないことが起こってもなんだかんだで他の人を巻き込んで楽しくなっている。

思うことがあればすぐに行動。普段ならもう既に六本木か八重洲に飛び立っているところである。それぐらい土日と本屋の関係は重要である。うかうか寝ていられない。

それができないこの試験前。私は本当に勉強する気があるのだろうか。全参して全てインプットされた授業と、とっていたことすら記憶の片隅で危うい授業が少ない脳みそを奪い合って。私をさらに無関心にさせるがごとく・・。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
納豆は無罪
2007-01-20 Sat 22:09
ニュースで驚愕の事実を知る。ねつ造。そこまでして番組を作らねばならないほどネタがないと思うなら退陣したほうがいい。世の中所詮点と線。ばれる。

ノロウィルスの大流行でまたしてもカキ業者は限界まで追い詰められた。年末「餅も買えない」と悲壮な顔で訴えていたおじさんはどうなっただろう。
今回の納豆はどうだろう。元から「なんとなく体によさそう」カテゴリーに入れられていたおかげで難を逃れるだろうか。当事者ならぬ当事物が知っていた効用もひとたびメディアにのれば一人歩きしてしまうものだね。

納豆さまさま - 書き初めくん - はてなセリフ
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
家出納豆
2007-01-18 Thu 13:35
スーパーに納豆が・・ない。
発掘あるある大辞典Ⅱで紹介されて以来の大ブーム到来??

今までのなんか漢方的お茶やらアセロラやらウコンやらが超短期ブームに終わった原因は「普段生活になじみがない」ことと「薬局で扱っているものが多い」ことではなかっただろうか。

それがここにきて納豆。安い。買いやすい。そもそも普段からよく食べている人も多い。

で実際HPで何が番組で放映されたのか調べてみた。

ポイントは3つあるらしい↓
1、2パック食べる
2、朝晩食べる
3、かきまぜて20分放置

なるほど。パン朝食が主流の日本においてこの殴りこみ。二倍の消費量。需要は2倍。売れ行き2倍。(本当はわかりやすい経済)。

しかしながら3番が気になる。
こんなに放置するのか、という問題。食べる人は匂いが気にならないということは自明だが、朝の20分は結構長い。

となると、朝起きてまずすることが、ストレッチでも窓を開けることでもなく「納豆をかきまぜる」ことになる可能性がある。大げさな話、カップスープの位置も危うい。なぜならトロトロ甘めのスープと納豆が両立しないからである。


この「なんか健康になる」系の食品の問題点は何かと不便さが隠れている点にあると個人的に思う。沸騰させたり、軽くあぶったり・・というヒト手間工夫で効果アップは実は簡単には達成できず続かないことが多い。本当にメタボー予備軍のヒトはもっと違う方法を実践してくださいってことね。



これに関して個人的に頑張った話と耐えられない話があって。

最初のは、美白するために頑張ったこと。毎日お風呂上りに顔につける化粧水とは別に美白効果の高そうな化粧水を首に塗っていたおかげで今年は顔だけ白くて首がゴン黒という最悪の事態は免れた。かれこれ3ヶ月は続けた成果がでている。あまり乾燥もしないような。本気で頑張るならばできるという例。

耐えられない話というのは納豆に関してで、実はあまり好きではないゆえ、この納豆の流行には完全に乗り遅れている。食事に出れば食べるという段階まで達しているので特に問題はないのだが、朝から20分も家族の誰かが納豆を放置していたらそれは結構堪えるものだ。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
家からでた邦画
2007-01-17 Wed 12:59
最近邦画が元気ですね。
ヤフー興行成績見ても「愛の流刑地」やら「武士の一分」やらが上位に。世間一般的に邦画への関心は高まっています。

私、コッテコテ銀座!みたいな映画館で「犬神家の一族」をみてきました。結構珍しいことです。そもそも邦画を映画館に出向いてまでみる、という概念が自分の中になく、家のテレビ画面でもみるだけなら十分、というぐらいでした。原作を読んでから、映画館までわざわざその映画化されたものをみに行って、期待損ならどうしようっていう思いが強くあり邦画はテレビの粋を出ていませんでした。

「犬神家の一族」をみたのは単にミステリーが好きで、主人公が誰かわかんなさそうという理由だけなのですが、トリックがばればれな点が数多くあれど、それを凌ぐ大物俳優の演技に満足です。

ところで


ひとつ前のSWITCHを読みましたか?「テレビ化しないニッポン映画」というトピックに惹かれて購入したんですが、現代邦画に対する疑問点と挑戦が書かれていてよかったですよ。(余談ですが、最近赤文字ファッション雑誌に購入する価値を見出せず、もちろん全誌チェックするけれど購入するのは映画だったり音楽だったりインテリア系雑誌だったりします)。

「NANA」とか「アンフェア」とか漫画やドラマでヒットしたものは、映画化に向けていろんな企業から引く手数多といえるのかもしれないけれど、古き(よき)時代に戻るなら完全オリジナル、映画のための映画、みたいな作品にもう少し光があってもいいのになと個人的に思うのですが。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
killtimeに最適
2007-01-09 Tue 15:45
目の見えない人に『色』を説明する方法を考えていると友達のブログにあった。私もよく考えている。が、まだ答えがない。当たり前だが、味覚にも聴覚にも触覚にも色が関係ないから史上最大の難問。

大停電が起こって、真っ先に帰宅できる職業は何、とか。とか。
マラソン選手は鳥目じゃないのかな。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
出さない手紙
2007-01-01 Mon 12:52
あけました。


今年は本当に暖かいお正月。閑散としすぎた実家の私の部屋の床もしびれる寒さはない。おかげで夜中まで無駄に起きていたが早く目を覚ました。

年末家にいる時間が本当に多くて、学校で借りた小型のパソコンを前にESやら論文やらを書いていた。のにブログはこの有様。どこへいったのだろう書く習慣は。
いつの間にか一週間に一回ぐらい書くのでいいや→一ヶ月に3回ぐらい?となる。相変わらず公開されない下書き保存ブログ多数。

mixiは空前の2006年振り返りバトンと2007年バトンブーム。もういい加減バトンで個人情報さらすのはやめようよって。それより読んでる本教えてよ。時の映画をこてんぱんに褒める/批判する行為が魅力的。意外に興味あるんだ人の考えてることは。

今年の目標なんか、紙に書いて部屋の壁にプチンと画鋲でさせばもう上出来。トイレでもいい。毎日目に入れることが大事。

でもそれすらできないから、私は手紙に書く。作文ではなく錯文。文章になんてなりやしない。今年も大事なこと言えてないとか体重大移動とか、そのへん。あとちょっと前向きに会ってみたい人とか行ってみたい国とか。わざわざ封までする。で机とか壁とかクローゼットの隙間に投げ込む。目に付くのはやだけどいつの間にか忘れられてなんか掃除機に吸われてくしゃくしゃしてきたら見ごろ。でも”絶対”見ない。そんな紙が私の部屋に溢れている。ちょうど親に引越しを強くすすめられている。ああ潮時?もう投げ入れる隙間もなくなってきたんだけど。

こういうの何文体っていうの?ほらあれ。超独りよがり。言葉が上手く選べないから何回もエンターキー押すんだわ。そしたらもうええやろってまるで言うかのように誤変換報告でてくんの。丁寧に丁寧にブチブチ消す。

あ、手紙つながりで年賀状。去年も結構頑張った。大晦日の最後の最後までメッセやメールしてた人から正月1日に年賀状到着。「また会おう」って書いてある。時間が遡る瞬間。書いたのは6日前で、話したのは昨日で会ったのは3ヶ月前で。でもなんかそういうの全部ひっくるめて「今年もよろしく」。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| capriciousviolin |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。