スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
もうどうしようもないんだけど
2009-06-27 Sat 11:13
先輩の異動が決まった・・・!
自分を育ててくれた先輩が突然異動したときも相当同様したが、今回は全く別の意味で
同様している。今日も出社して、残った仕事を片付けているらしい。

私は事情があって実家に引っ込んでいる。
最後の会った時に「実家でなにするの?」と何気なく聞かれ

「退院して、久々に家に戻っている親の話を聞いてあげます」と言ったら
ちょっと困惑した顔つきになっていたので

「どうしたんですか?」って聞いたあと3秒後ぐらいに

ああこの人にはそういう話はしてなかったなと思いだして、謝る。

相手の方は言葉をとても選ぶので、これに対してただじっとこちらを見ながら
目で訴えるわけでもなく、何かを考えているようだった。




先日山にいったらしく、その写真を見せてもらったら当然知らない人2人が写っていて

「これは誰ですか?」と尋ねたら、故郷から出てきている高校時代の友達らしい。
今でも高校時代の友達と遊ぶのが一番楽しいという彼の発言に
私はその時代のあなたを全く知らないのですよという5%ぐらいのネガティブな感情をもって

「今が辛くても、今が一番楽しいと思う」

と脈絡のない言葉を口にしてしばし沈黙。
「俺もそう思うよ」という回答がまたしばらくしてからあった。
「なんだかんだで悪いことは忘れちゃうし」

これから辛いことも素敵なことも沢山起こると思うけどトータルで素敵なことのほうが
多ければいいですね、と(またしても)自分の価値観基準のお餞別言葉を渡してしまう。

ダメだ・・・泣きそうだ。




スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| capriciousviolin |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。