スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
家出納豆
2007-01-18 Thu 13:35
スーパーに納豆が・・ない。
発掘あるある大辞典Ⅱで紹介されて以来の大ブーム到来??

今までのなんか漢方的お茶やらアセロラやらウコンやらが超短期ブームに終わった原因は「普段生活になじみがない」ことと「薬局で扱っているものが多い」ことではなかっただろうか。

それがここにきて納豆。安い。買いやすい。そもそも普段からよく食べている人も多い。

で実際HPで何が番組で放映されたのか調べてみた。

ポイントは3つあるらしい↓
1、2パック食べる
2、朝晩食べる
3、かきまぜて20分放置

なるほど。パン朝食が主流の日本においてこの殴りこみ。二倍の消費量。需要は2倍。売れ行き2倍。(本当はわかりやすい経済)。

しかしながら3番が気になる。
こんなに放置するのか、という問題。食べる人は匂いが気にならないということは自明だが、朝の20分は結構長い。

となると、朝起きてまずすることが、ストレッチでも窓を開けることでもなく「納豆をかきまぜる」ことになる可能性がある。大げさな話、カップスープの位置も危うい。なぜならトロトロ甘めのスープと納豆が両立しないからである。


この「なんか健康になる」系の食品の問題点は何かと不便さが隠れている点にあると個人的に思う。沸騰させたり、軽くあぶったり・・というヒト手間工夫で効果アップは実は簡単には達成できず続かないことが多い。本当にメタボー予備軍のヒトはもっと違う方法を実践してくださいってことね。



これに関して個人的に頑張った話と耐えられない話があって。

最初のは、美白するために頑張ったこと。毎日お風呂上りに顔につける化粧水とは別に美白効果の高そうな化粧水を首に塗っていたおかげで今年は顔だけ白くて首がゴン黒という最悪の事態は免れた。かれこれ3ヶ月は続けた成果がでている。あまり乾燥もしないような。本気で頑張るならばできるという例。

耐えられない話というのは納豆に関してで、実はあまり好きではないゆえ、この納豆の流行には完全に乗り遅れている。食事に出れば食べるという段階まで達しているので特に問題はないのだが、朝から20分も家族の誰かが納豆を放置していたらそれは結構堪えるものだ。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<納豆は無罪 | capriciousviolin | 家からでた邦画>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| capriciousviolin |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。