スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
切ない手紙
2007-02-26 Mon 20:02
日本でもこういうことあるんだなって目の前のかわいそうな手紙を見て思う。右下が3センチ×3センチの大きさで無残に破れたら郵便局のおじさんが申し訳なさそうに運んでくるんだわ。

日本ではないと思っていた手紙事故。年賀状はね、よくあるの。届いてない。昔はひねくれてたから(私が嫌いで返事を書きたくないからわざと輸送機関のせいにしてるのね)と思っていたけど、とにもかくにも郵便とて人の仕事。事故る。

ちなみにアメリカはひどい。留学していたときに雑誌を講読してたんだけど、どうしたらこの最終形になるのかと疑う状態で届けられたことがある。なんと右下10センチ×10センチのみが封筒に入って到着したのである。しかも、これは勘違いであると願うばかりなのだが、その雑誌の日付が2007年5月、つまり未来の日付だったのである。Back to the futureやらロングラブレターを想起させるエンターテイメントである。

今日は話がぶれてばかりだが、私は起こってしまった事故に関してはあまりこだわらない性格である。「あの時アンタいったやん」的な彼氏彼女カンケイにありがちなケンカの種すら持ち合わせていない(もっとも、これはしばしば女性から発せられる言葉だと認識しているが)。今回の事件に関して、郵便局のおじさんは平謝りだけど、私が仕方ないですよと言うと、重荷のとれたサラリーマンとして帰っていった。別に目の前の人が悪いわけじゃないし。中身無事だし。ちょっと珍しいし。


ちなみにちなみに。この年齢で、毎日スタンバイ状態でパソコンを酷使しているのにも関わらず文通仲間が2人もいる。しかもそのうちの1人とは週1の割合で会っていたりする。いかにもフランクな関係が長続きの秘訣と見る。手紙を書くという行為は、それを面倒だと思う人にはこの上なく骨の折れるものである。大概、また書くね、か、あ!忘れてたーごめーん、で終わる。それでなんとなくその場を凌げば将来性のないものが文通(というか手紙)である。その結果、細々と続く私の文通は何物にも代えがたい価値を帯びてくるのである。いいだろー。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<踊る人 | capriciousviolin | 劇的の後は>>
コメント
もうたまりませんぬ。面白いし優しいしすごいし。

「あの時アンタ・・・」的な事件はかつて自分からも相手からも勃発したことがあります。恥ずかしながら一概に女性からだけではなかった見本がこんなトコに・・・(汗)

文通はホントにすごい。こういうタイピングの文字では伝わらんものを普段から体感できるのはこのご時勢でとってもいいことだよね。・・・間違いなく俺は面倒と思ってしまう部類ですが。。。悪しからず
2007-02-27 Tue 01:13 URL | 鳥の子 #-[ 内容変更] | top↑
★ ありがとうコメント
>鳥の子さん

>あの時アンタ事件

ついついやってしまうんだよね・・とても難しい。
歴史に”イフ”がないように、対人コミュニケーションにおいても現実の時の流れに逆行して掘り返す作業は得策とはいえないような気がするね。それより将来性に期待したい。単に私が楽観主義なのかもしれない。

手紙に関しては・・海外へ送るのはかなり労力がいる。特に今プレゼントが手元にあってそれを海外発想するのが面倒で。3つもたまってる。
2007-02-27 Tue 08:15 URL | 大阪娘。 #-[ 内容変更] | top↑
さっちん、その、back to the future の話が懐かしくてたまらないよ!!
2007-03-01 Thu 18:53 URL | 沙知子 #-[ 内容変更] | top↑
>さちこ

ねー。懐かしい。あん時は凍ったけどね。結局なんだったのか今でもナゾ!
2007-03-02 Fri 21:28 URL | 大阪娘。 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| capriciousviolin |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。