スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
新入りの立ち位置
2007-06-17 Sun 21:55
新しくオーケストラに入るってのは新しい社会に入るのと同じようなもんだから、それなりに苦労するとは思ってたんだけど・・・


こんなに大変だとは!世代の違いヒュゥ!


(現在私は、今年3月をもって引退した大学のオーケストラクラブOBOGからなるオーケストラにエキストラ要員として出向しております)


まず年代構成がバラバラで。20代チラホラ、40代まあまあ、オーバー60、ドーン!みたいなね。曲は超マニアックなのに、みなとみらいの大ホールでやるという強気なところが慶應っぽい。

毎年、60人ぐらいは私が所属していた学生オーケストラから卒業生が巣立っていくというのに、エキストラ合わせても5人ぐらいしかいないし。なんでかなあってのを考えてたんだけど、見ればわかるよこれは。

まず、この年代構成で、年上の人の声が強いから調整が難しい。現に何年か上の先輩が一生懸命各パートのメッセンジャーとなって前線で頑張っている。あと、それに伴って話題あわせも難しい。隣で、筑波のマンションか都内の億ションか、みたいな話をしていて、さすがにこれは20代の娘にはあわせられんと思う。

後は、演奏に関する難しさ。権力者を地で行くコンミスのお姉サマ。いくら人数足らんからって、練習参加2回目の、しかもエキストラの私を1プル裏(要するにコンミス席の隣)に座らせようとする強引さにはさすがに閉口。どんだけ~!

楽譜に忠実になるあまり、コンミス代理の運弓は無視・・にも困惑しまくりで・・

必然的に、学部時代よりも準備と後片付け頑張る(苦笑)

年上の人とうまくやるのって難しいな。


ただ、やっぱりみんなで演奏することは素晴らしいし、こんなに歴史を感じられる環境は他にないだろうし(笑)。何より現役を引退して以来まともに練習してなかったから現状維持の励みにはなる。嫌いなショスタコービッチにも愛着もてるかもしんないし。後1ヶ月弱だけど、きっと楽しい音楽ができると思う。というわけで、どさくさにまぎれてお知らせなるものを。


第62回定期演奏会
日時:2007年7月15日(日) 14時開演(13時20分開場)
場所:横浜みなとみらいホール
指揮:新田 ユリ
曲目:アルヴェーン/エレジー
   シベリウス/音詩『エン・サガ』、『フィンランディア』
   ショスタコーヴィチ/交響曲第6番
後援:フィンランド大使館/日本シベリウス協会

チケットは電子チケットぴあ(電話0570-02-9999)で4月26日より発売します。
Pコード:257-547
チケット:全席指定 2,500円

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<客観的視座を得る | capriciousviolin | 飛躍してごめん>>
コメント
おっシベリウス!
タコっぽい風貌なのに、曲は繊細だよね…昔ピアノで彼の曲を弾いたことがある。
2007-06-23 Sat 18:39 URL | いくえ #-[ 内容変更] | top↑
★ タコ?
久しぶりでやんす☆

繊細だよー。ちょっとわけわかんない曲もあるけどね。

もうすぐ本番だから本腰いれなければ・・!
2007-06-24 Sun 08:51 URL | 大阪娘。 #-[ 内容変更] | top↑
★ 素晴らしかったです。
こんばんは。

検索で通りかかりました。
知り合いがメンバーで聴きに行きましたが素晴らしかったです。
(私の記事に書かせていただきました)
ありがとうございました。
2007-07-15 Sun 23:40 URL | ニョッキ #-[ 内容変更] | top↑
★ ありがとうございます
ニョッキさん

ありがとうございます。
歴史的な天気でしたが多くの方に来ていただきました。私はバイオリンエキストラでした。貴重な経験でした。
2007-07-17 Tue 00:37 URL | 大阪娘。 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| capriciousviolin |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。