スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
寮の思い出
2007-06-25 Mon 12:40
会社に入ってから、はじめて一人暮らしをしたり、寮に入ったりして悪戦苦闘する友人が結構多い。壁が薄い、部屋が狭い、人の付き合いが難しいなんて悩みから、一人暮らしそのものに対する不安まで、いろいろある。一人にしろ共同生活にしろ、環境が大きく変わると、人によってはなれるまで結構かかると思う。

個人的なことやけど

大学1年2年の頃、防音設備がある寮に入れるという親の方針で、学校の利便性一切無視の、しかも各駅停車しか停まらないごっつう不便なとこに住んでて。さらに、その寮は私よりも築年齢が高く、個室の大きさがなんと4畳半しかなかったもんだから、部屋の小さいクローゼットに服や靴が入りきるはずもなく、だんだんとベッドの寝るスペースが侵食される日々。学生寮らしくつけられた壁一面の本棚もほとんど服が占領(笑)

そんな中隣の部屋とか、入寮したての頃話したという理由で仲良くなる友達もできはじめて。女子寮だし、24時間管理人さんがいるから防犯の心配もなく呑気なすっぴんパジャマ友達が私の支えに。
いや、中にはあんま気のあわんのもおって、その子と共同洗濯所では一緒になりたくないな、みたいな女の確執がなかったといえば嘘になるし(汗)、夜中に知らん人がうちの部屋にきて、

ゴキブリでたんで、退治するの手伝ってください!!!(大泣き)」

っていわれたときは、意識半分寝たままその人の部屋いって、ぬいぐるみ溢れる部屋の隅々まで一緒にゴミ袋もって探し回って。(結局見つからなかった)。


私は歩くアースジェットですか?


・・・


大学の入学式終わって、寮に一緒に戻ったあと、いざ親が帰るときには号泣。むこうのほうで別の親子も号泣。もうどっちが一人になるのかわかんないぐらい寂しさの競争(合?)

ちょうどそのときぐらいから仲良くなったのがKちゃん。
最初リアルヤンキーみたいで怖かったんだけど、話してみたら素直でめっちゃ純粋な子やった!

で、今もたまに会う中。場所は田園都市線の○が丘から銀座や渋谷になりましたけど。
お互い不安を抱えながらも、”一緒にいるだけで心救われる”とはまさにこのこと。ルールもいっぱいあって怒られたこともあったけど、それは共同生活なら守らなければいけないことだし。


よく鍵かけないで外出しちゃったり、スリッパのまま出かけちゃったりしたこともあったけど、できるものならもう一度あの寮生活したいね。
門限が11時でなければ・・!
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<衝動 | capriciousviolin | 東京マラソン>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| capriciousviolin |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。